バラッド詩挿絵集

神とサタンが織りなす壮絶な戦いと人間の誕生という壮大な叙事詩の世界を描いたミルトン(John Milton, 1608-74)の『失楽園』(Paradise Lost, 1667)は、豊かな想像力無くしては理解できないかも知れない。19世紀イギリスの画家、版画家ジョン・マーティン(1789-1854)による挿絵本版『失楽園』(1824-26)が広く流布したのは、そのような想像力を補完する視覚的貢献が大であった事を物語っていよう。同じく英詩を代表するコールリッジの『老水夫の物語』を描いたメルヴィン・ピークについては、第101話で紹介した通りである。

第1部の伝承バラッドで紹介した19世紀イギリスの挿絵付き作品集については、その全貌を日本バラッド協会のホームページに掲載している通りであるが、それぞれの作品集には少なからずの数にのぼるバラッド詩に付した挿絵もあった。それらすべてが、豊かな想像力が生み出したバラッド独特の物語世界を深く味わうための役割を果たしている。編者の一人S. C. Hallは、The Book of British Ballads (London, 1842 & 1844)の序文で、「バラッドは、教養の有無に関わらずあらゆる階層の人々の思想と感情に強い影響力を持っていることは疑う余地が無いのである」と断言し、それぞれの作品に付された当代の優れた版画家たち(彼の言う'designers'と'engravers')による作品こそ、英国美術の偉大で明白な能力を示すものである、と述べている。バラッドとは、詩であり、歌であり、物語であり、絵画である、一種の総合芸術 ('an integrated art project')であることの証であると言えるのではないか。

以下のListはそのような趣旨から、バラッド詩に付された19世紀以降の挿絵集を整理するものである。