第1話 肉体を持った亡霊
『マーガレットとウィリアム』("Fair Margaret and Sweet William", Child 74B)

74b
 Illustrated by W. Cubitt Cooke


ウィリアムは恋人マーガレットとの結婚の許しを得ようと、彼女の屋敷にやってくる。父親から冷たくあしらわれたウィリアムは、別の女と結婚すると啖呵を切って 去ってゆく。ウィリアムが新しい恋人と教会に向かう姿を見たマーガレットは、屋敷を出て、「二度と戻ってきませんでした」とうたわれる。

結婚式の一日が過ぎて、夜が来て、皆が寝静まった時、マーガレットの亡霊がウィリアムの足元に立つ。さて、そこからは二人の会話である。「ウィリアム ベッ ドの心地(ここち)はいかがです/シーツの心地(ここち)はいかがです/腕に抱かれてぐっすりおやすみになっている/栗色の奥様はいかがです」とマーガ レットの亡霊が尋ねる。ウィリアムが答えて、「マーガレット ベッドの心地(ここち)はけっこうです/シーツの心地(ここち)も けっこうです/でも ベッドの足元に立っておいでの/色白のお方のほうがもっとよい」と言う。ウィリアムの会話の相手が「マーガレットの亡霊」であると はっきりうたわれているからそうかと思うだけで、この会話そのものは生きているマーガレットがウィリアムと話しているとしか思えない。ウィリアム自身に、 亡霊に驚いたり、怖がったりしている様子は微塵も無い。

翌朝、ウィリアムがマーガレットの屋敷に出かけていって、居場所を尋ねると、彼女が死んで、お棺の中だと知らされる。マーガレットは昨夜の内に死んでいた。 ウィリアムも後追いするように死んで、二人の墓の上にはバラとイバラが生えて、 「バラとイバラは大きくのびて 恋結びを結(ゆ)いました/こうして二人は 死んで結ばれたのでした」とうたわれて、話は終わる。

捨て られたマーガレットが屋敷を出た後、どのようにして死んだかという経緯はいっさい省略されている。バラッドをうたってきた民衆には、「生」と「死」はあま りはっきりと区別されていないようである。と言うよりも、彼らがこのような物語歌を創るときには、「生」と「死」を峻別しない、一連の「生」のドラマと して捉えてゆく豊かな想像力が働いていた、と言うべきか。

最後に二人が植物になって結ばれたという「変身」も、民衆の優れた想像力の生みだしたものである。この話題はいずれまた改めて。 


ひとくちアカデミック情報 Child:ハーバード大学言語学者であったFrancis James Child (1825-96)が編纂したThe English and Scottish Popular Ballads。

Cooke: R. Brimley Johnson選Popular British Ballads:  Ancient and Modern 4巻(London, 1894)の挿絵を描いたW. Cubitt Cooke (1866-1951)。

原詩(英詩)の箱


画面をクリックすると拡大されてご覧いただけます
解除するにはescキーを押してください
en-pdf

訳詩の箱


画面をクリックすると拡大されてご覧いただけます
解除するにはescキーを押してください
ja-pdf